イタリアンなタッチペンと手作りの・・・【10月27日】

手作りビショーネ??

 先日147のアンダーコートをお願いした時にディーラーに注文しておいたタッチペンです。表示がアルファロメオだけでなく、フィアットにランチャに・・・ う~んグループだから一緒なのか???イタリア語で書かれていて良く分かりません。タッチペン一つでもなんだかお洒落なデザインです。

 僕の147はエトナブラックという色で、以前ディーラーのK氏が話してましたが、なんでもイタリアのエトナ火山から名前をとったのだとか・・・ 通常は黒に見えますが太陽の下で見ると茶色に見えます。特殊な塗料なんでしょうね。

 よって飛び石で気になっていたボンネットの傷は、その辺のDIYショップに売っているタッチペンでは補修できない・・・ 事故でつぶして板金なんてことになったらこの色でないのだろうな。 しかしこのところ天気が悪くて折角購入したタッチペンも出番がありません。

 で、もう一点。アルファロメオにはヘビのマスコットがあるようで、どうもビショーネっていう名前らしいです!? ジョークで購入しようとしていた矢先家内曰く、「このぐらいなら私が作ってあげるよ!」との事。 あまり期待しないで待っていたら本日出来上がってました。(しかし帰宅した時、愛猫チャーリーのおもちゃになってましたが・・・泣) 作った家内もあまりかわいく出来なかったと話してましたが、まぁ良いのでは(笑) ちなみにこの“ニセ”ビショーネ君、僕の147のコックピットに飾られるようです(笑)

応援【10月24日】

 この週末は地区の行事や自分の仕事があったりで忙しい・・・ 24日はチームの仲間が飯綱東高原で行われるMTBのレース(グリーンカップ?)に出場。

2010年秋サラダカップ1

 24日は早朝より秋祭りがあり、午後は地区の秋季総会があったりで、僕も出場したかったのですが時間的に無理・・・ でも午前中9時頃に身体が空いたの飯綱東高原まで147で一走り。なんとか仲間のスタートに間に合う。11時半には自宅に戻れれば問題ないし。

 2010年秋サラダカップ2

ACEじんこさんを追い掛け回す!?の図(ちょっと違うか 笑)

 会場には40分程しか居れませんでしたが、久しぶりにMTBで元気に走る仲間を見て「やっぱり自分も走りたい!」と思いながら会場を後にしました。 結果はACE&U-Rexチームが優勝だったそうです!!!参加された皆さんお疲れ様でした。次回は皆でソロでさ~ぁ(笑)

ぐるっとまるごと長野市!?【10月20日】

 今日は会社を休んでLSDに!ルートはこんな感じです。自宅→中野市替佐→涌井の蕎麦屋→黒姫駅→戸隠高原→鬼無里→小川村→オリンピック道路→R19→犀川堤防道路→自宅と言う感じでループを組んで見ました。

 9時自宅スタート。スタート直後会社の同僚から電話が入る。ここで仕事の話をし10分のロス(笑)まぁしょうがないか・・・ 今朝はちょっと肌寒く感じたので長袖ジャージの下には薄手のインナーを着込んで、下はレッグウォーマーと言ういでたちです。中野までは平坦なので軽~く足回ししながら身体を温める。 何時もの替佐交差点到着。ここから涌井の蕎麦屋があるピークまで久しぶりにタイム計測。春にM’sのK林夫妻と部長と来た時タイムを計ったが、散々だった覚えがある。今回はあまり突っ込まず計測。結果は僕のBestタイムは28分なのだが29分だった。まずまずだね。だいぶ調子も戻ったと言う事か!ちょっとうれしい。この後斑尾方面へ行こうと思ったのだがなんだか工事中の看板が。よってそのまま信濃町まで下る。

 信濃町まで下り黒姫駅横をスルーし戸隠高原を目指す。途中快レーシングさんの拠点である黒姫和漢製薬の前を通り奥社入り口到着。最近JR東日本の吉永小百合のCMの影響と、パワースポットだとかで平日なのに結構な賑わいである。サイクルジャージ姿の怪しい親父1人だとどうも周囲から浮いている・・・ ここは停車せずスルー(笑) 中社周辺も同様。戸隠に来たぞ!と言う事で中社へ続く登り坂をバックに1枚。

戸隠

古い郵便ポストがなんだかいいねぇ~

 この後ドリンクチャージし、“よつかど”という蕎麦屋の角を鬼無里方面へスイッチする。ここから品沢高原まで結構な登りと思っていたが、たいした距離も無くすんなり。途中大望峠で休憩し、久しぶりに西岳連峰と一夜山を眺め鬼無里へ下る。今日は足の調子が良い。

 鬼無里と言えば僕の場合おやきの“いろは堂” 丁度お昼過ぎなのでおやき好きの僕はもちろん食べる。しめじ、野沢菜、粒あんの3つ注文。で、出てきたのが切干だいこんを1つサービスしてくれて4つ!!「食えっかな~・・・」と思っていたのだが、4個完食でした(爆)

おやきのいろは堂

ちゃんと具が分かる様にお皿にシール貼ってあります!(1個180円也)

 この後実業団レースのゴール地点である小川村の星と緑のロマン館を目指すのだが、4Km程の登りが辛い・・ もっとも先程食べたおやきによる満腹もあるのだが、10%の登りが結構続くので登りが苦手な僕にとってさらに辛く感じる。パターゴルフ場の横を通り、ピークを過ぎれば星と緑のロマン館である。ここからは小川村役場の辺までず~っと下り。実業団レースの情景が頭をよぎる。

 この後、通常は小川から長野市までは中条の街中を通り帰るのですが、今日はコスしてオリンピック道路をフルにトンネルを使い、R19を爆走し両群橋までワープ!!その後犀川堤防道路で帰宅。(堤防道路が意外と辛かったりして 笑)

 久しぶりの1人旅、結構楽しかったと感じました。まぁLSDと言うよりサイクリングって言ったほうがあってるかもしれません。全然追い込んでないし・・・ 紅葉も結構進んでます。気持ち良い季節が終わる前にもうちょっと走っておきたいですよね。

  • 走行距離 110.8km 
  • 走行時間 4時間59分
  • 走行速度 Ave 22.1km   Max 54.7km
  • ケイデンス  Ave70

週末は・・・【10月18日】

 富士チャレも終わってなんだかテンションも切れ掛かってます・・・ ちなみに富士チャレですが、リザルト見たらちゃんと完走出来てました。DNSは300人くらい!DNFも500人近い!!出走者のみで完走率をざっと計算したら47%くらいでした・・・ すげ~サバイバルなイベントでしたね。

 で、週末ですが出勤、地区の用事と重なり自転車に触れず。土曜は以前から修理をお願いしてあった147のヘッドライトウォッシャーのチェックバルブ交換と、長野の冬対策として147を塩害から守る為アンダーコートをかけてもらいにディーラーへ!! その後出勤。

147アンダーコーティング

なんだかピカピカです!

 アンダーコート??はクリアーの目立たないものです。僕が想像していたのはあのベタベタするような黒いゴムみたいな塗装でした。店長のK氏曰く、「新車納車前にアンダーコートされる方も居ますが、あまりしてませんよ!」との事。 でも以前乗っていたランカ号は塩カルのおかげで遮熱板とか塩害でボロボロ・・・ マフラーも2度ほど落としたし・・・ 下回りの洗車も自分でマメにやっていたのですがね・・・ と言う事で、下回りにシャーシブラックも噴いてない?(噴いてあったのか良く分からない)147に不安を覚えたのは確かです。塩カル散布路面を走らないなら問題ないですが、長野ではそうは行きません。今後も大事に乗りたいですからね。 すでに9,000km近く乗ってしまっているので、下回りは汚れまくり!念入りな下回り洗浄に、コーティングで夕方遅くまでかかって作業は終了です。 夕方お借りしていたフィットに燃料を入れたところ、な~んと1Lくらいしか入らない。“燃料は満タンでお返しください”との注意書きからスタンドに寄ってみたのですが30km程の走行じゃこんなものか・・・ 「さすがエコカーすごい!!」と実感。乗りごごちも悪くなかったしね~ でもディーラーから147に乗って帰る時の心のおどり方が違うんだよね(笑) 水漏れも無くなったしアンダーコートはしたし、これで冬は大丈夫!だね!?

 で、日曜です。早朝より地区の草取り。うちのグループは3つの組の人が行うのですが、僕が今回仕切る当番です。思っていたより早く終わり皆に帰ってもらった後、軽トラを借り取った草の回収。「軽トラってマニュアルだよな!久しぶりで乗れるかな??」な~んて思っていたらお借りした軽トラはオートマ!(笑)軽トラもオートマなんだ・・・と変に感心。

メンテ日

久しぶりのスポーツスター登場!単車もやっぱいいね

 この後午前中はちょっと時間が空いたので、久しぶりにスポーツスターのエンジンをかけてみることにした。車検も切れてしまっているので1年以上乗ってない・・・ 昨夜から充電しておいたバッテリーを接続し、キャブにガスが十分溜まったところでクランキング。「バス!バス!ドドッ!ドドッ!・・・」と久しぶりに彼の排気音を聞いた。いいね~この三拍子のような音。まぁ、車検もないので暫くオイルを回してあげて再びバッテリーを外してまたもや冬眠。来春にはなんとか車検取ってあげたいね。

 午後はまたもや地区公会堂の清掃作業。その後懇親会でビールと日本酒を頂く。明るいうちからの酒は美味い(笑) 区長曰く「皆さんお忙しいとこすみませんが、来週も宜しく」との事。来週の土曜はフリーだったのでガッツリ乗ろうと思っていたのですが、どうも午前中は駄目のようです・・・ 日曜は秋祭りと秋季総会・・・ また昼から美味しいお酒が飲めそうです(爆)

お気に入りの珈琲【10月13日】

 以前もブログで書きましたが、最近珈琲を豆で買って、早起きして豆をミル挽きしプレスで飲むのにはまってます! 慌ただしい朝の一時ですがちょっと心に余裕も出来るかも・・・(な~んて笑)

珈琲豆

 最近は以前から購入している丸山珈琲の他に、先日147の小物を物色していた際イタリア自動車雑貨店で見つけた“illy”という珈琲豆を一緒に購入しました。“illy”の珈琲はアルファロメオのディーラーに行くと何時も出してくれる物だと思います。(エスプレッソマシーンの横にカップと缶が置いてあるから!?勝手に思っているだけですが・・・)

 缶の色使いと“illy”のロゴがなんだかお洒落!結構気に入って飲んでます。 もちろん丸山珈琲も大好きなんで切れる前には購入なんですが。 さぁ珈琲飲んで今日も頑張って仕事に行くか~ でも気がすすまね~(笑)

富士チャレ200kmへ!!【10月9日】

 3連休初日の9日、静岡県小山町にある富士スピードウェーで行われる“富士チャレンジ200”に出場してきました。昨年もエントリーしていたのですが、入院生活していた為DNS・・・ 

 エントリー当初の8月は、まだ200kmを走るには体力に不安もあった為、100kmにしようと思ったのですが、チームメイトのMAX曰く「200km走っとかないと後悔しますよ!」見たいな事を言われ、200kmエントリーのボタンを「ポチ!」っとしてしまった・・・ 彼にうまく乗せられてしまった気もするが(笑)、幸い体力も手術前の8~9割程度に戻ってきていると実感していたので、まぁ200kmは走りきれるだろうと判断。僕にとっては昨年のリベンジでもあるわけです。

32010年富士チャレ

6名の瞬間移動メンバー集結 (じんこさん撮影中)

 8日金曜日、今回長野組は前泊入りする為各々仕事が終わった後姨捨SAに19時集合。出勤前にバイクや着替類はすでに車に積み込み済み。仕事が退けたら即行で部長を迎えに行く約束である。しかし当日夕方は中野市で会議・・・ 長野市内まで戻るにしてもキツイ時間である。MAX&ザキ君組との合流時間に間違いなく間に合わないだろう・・・ と思っていたが、会議はスイスイ進みな~んと退社時間より早く終了!!もちろんフレックスタイムフル活用(笑) 直接部長宅の予定が、1回自宅に帰って洗濯物なんかを出す事ができた。部長宅の発見に若干手間取ったが定刻通り合流。19時姨捨SA出発で河口湖ICまで高速移動。駅前の宿に22時過ぎに到着。風呂に入り酒好きのMAXと僕は勿論ビールを(笑)350cc缶1本でやめておくつもりがもう1本(かわいいもんだ。MAXは500cc×2本におまけで350cc1本ね!!笑)結局2人はプチ宴会状態(爆)明日は4時起き早々に就寝。

 大会当日4時起床。皆の動きは早い(笑)4時半には車で移動がかかっていた!!しかし雲行きは怪しい。須走ICを降り、富士スピードウェーに向かう途中の県道?で突然前に何かが!!フルブレーキでなんとか事無きを得たが、な~んと野生の鹿、(親鹿です)あれにぶつかったらこちらもただではすまなかっただろう・・・ (後方から来たMAX達が見た時は、道路横に鹿は移動していたらしく、ザキ君とバンビ!バンビ!!と盛り上がっていたらしい) 

 5時西ゲート到着。雨は結構降り始めている。「200kmも雨の中を走るのはヤダな・・」と感じ始めている。同行している部長は今回100km出場。雨の降り方にもよるが、数周回って止めちゃうか、部長と同じ100kmで止めるか!? まぁ考えていても始まらないので雨脚が弱くなる事を祈って僕らのピットである18番ピットへ装備を持って移動。ピット設営後瞬間移動神奈川支部(笑)のモティー君とじんこさん到着。モティー君とは会うのは数年前の草津以来か!彼のバイクはデローザの新車!9ヶ月も発注して待ったとか・・・ やっぱデローザはカッコいいね。(僕のFELTは在庫商品だったので3日くらいで来ましたが 爆) ピット確保後若干雨も弱くなったようだ。ちょっと期待して受付を済ませ試走に出る。昨年富士チャレ用に購入したシマノPROのカッパとパールのシューズカバーが役に立ちそうだ。(でも結局シューズカバーは使わなかったが・・) 試走を2周して、コース閉鎖。今回は200kmにMAX、ザキ君そして僕。100kmに部長、モティー君、じんこさんの計6名。いったん小康状態になった雨はスタート前にまたちょっと強くなる。気が乗らないがまぁいけるところまで行ってみよう。で、9時スタート。なが~い7時間が始まった。

 スタートは2000人を越える大所帯である為、先導車によるローリングスタート。ちょっと恐い人数だが、列半ばくらいに並んでいたのでな~んとなく集団に乗る。スタート直後の1コーナーとその後もっと速度が乗る2コーナーは落車の危険性が大きい。Newバイクを壊したくないし、身体も大事だからここは慎重に! 数周回れば集団は次第に小さくなるだろうし・・・

 周回するごとにサイクルコンピューターのLAPボタンを押す。だんだん慣れてきたおかげか7分後半くらいでLAPを暫く続ける。しかし雨脚も強くなってきて落車による救急車の音が頻繁になってきたことで少々ビビル。やはり落車は恐い・・・ 当初チームでトレインを!なんて話していたが、全員?一人旅。ザキ君は結構良いペースで周回しているようだし、MAXも自分のペースを保って周回を重ねているようだ。途中100km組の部長に会うが、雨の影響から2コーナーで落車してしまったようだ・・・ 「身体は大丈夫!?」の問いかけに「ちょっとやっちゃったかも・・・2コーナーでスライディングかました・・・」と言っている。無理はしないように!と彼に伝え先行する。そういえばモティー君とじんこさんを見ていない。無理せず走っているだろうか??

 60km程経過。カッパを着ている上半身はすでに汗なのか雨なのか(多分雨であろう)どちらともわからずビショビショ状態。シューズカバーを持ってきていたにもかかわらず、未装着だったのでシューズもビッショ。幸いカッパが身体の温度を保ってくれている為、寒さはあまり感じない。ただ如何せん、いい加減に周回するのが飽きてきた。しかも腹も減り始めてパワーも落ち気味。1回目のピットに入る。買っておいたおこわに、パワージェル+エネルギー系のゼリーを補給。ピットには100km組3名のバイクが置いたまま・・・ 皆何処に行ったのかな??? 5分程休み身体が冷え切らないうちにスタート。降りしきる雨の中に再び走り出すのは辛い・・・

 リスタート後の2回目の登りで身体の温かさは戻ってきた。結構いけそうな気もする。ちょっと心が折れそうだがザキ君も先行しているし、MAXも頑張って走っている。僕だけ止めるのもね・・・途中MAXと合流し少し雑談。行けるところまで行こう!!と彼に話していたが「もう止めたい」と心の中では僕は思っていた。 寒さの為次は100kmを越えたらピットに入ろう!と思っていたが、何故か身体が動くしこのまま行ってみる事に。LAPタイムは随分落ちて8~9分くらい。 超特急列車には乗れないが、特急列車くらいに乗っかって走るが登りが弱い僕はここで脱落する(何時も・・・) 結果1人旅ばかり・・・ 集団で走ればもうちょっとタイムもあがるだろうし、楽に走れる。たまに足の合う人の後ろに着くが、後輪が巻き上げる水しぶきでとてもついていられない。途中モティー君と一緒に走る。モティー君、部長、じんこさんの100km組3名はもう少しで終了との事、羨ましい。

 130km程で2回目のピットへ入る。残りは14周、約70km程である。2回目もパワージェル+エネルギー系のゼリー、それにスティックパンで腹を満たす。ドリンクも補充し10分程休んでピットアウトする。時間的には余裕が全然無い。このままだとピットインはもう出来ない。最後までもつかな!?

 1回目のピットアウト時より身体の冷え方がひどい・・・ なかなか体温が上がってこないし、心拍もあまりあがらない。結構疲れが蓄積されて来ているようだ。雨は午後になりもっとひどくなった。1コーナー立ち上がりと後半の登り手前のコーナーは川である(笑) 下りで飛ばすと顔に雨粒がビシビシ当たりすごく痛い(泣) 途中じんこさんと並走するMAXを発見。彼も頑張っているようだ。 残り10周を切ったあたりから身体の動きが鈍い。すでに1周のLAPはひどいもんだ・・・ もう止めたい!ここで止めても誰も文句言わないだろう・・・ でも去年のリベンジなんだから止めれるか・・・ ちきしょう!動け俺の身体!!

 ラスト5周くらい!?からか、ストレートで僕を応援してくれる声が聞こえるようになった。刻んでいるLAPタイムだとギリギリ完走出来る感じか・・・ ちょっと身体に鞭を入れる。仲間の応援は心に響く。(皆ごめんね寒い中待たせて・・・) ようやく44周目7時間以内にたぶんフィニッシュできそうだと思う。もう止めれるんだ・・・ 7時間まであと6分ってところで保険としてもう1周行く。ラストLAPはコース上に人もまばらになり寂しいものだった。足を止めて下りは流す。上りもガンガン踏まない・・・ 最終コーナーを登りきりストレートへ!そしてフィニッシュ。やった~200km完走!?

2010年富士チャレ200ゴール

ゴールです!(画像提供MAX)

 こうして昨年のリベンジであった僕の中の富士チャレは終わった。1年前の10月。突然の医師の告知から手術を行い今より体重は7キロも落ちた。辛い放射線治療も30日間通った。今まで蓄積してきた筋肉は細ってしまったし、退院後20インチの折りたたみ自転車に乗るのさえ辛かった僕。あれから約11ヶ月なんとかここまで戻れた事に感無量です。病気は完治じゃないけど「人間頑張ればなんとかなるさ!」とちょっと自信がもてた気もします。 でも来年はピットで仲間とワイワイやりたいし、100kmにしようかと考え中です(笑) 最後に一緒に参加された瞬間移動メンバーの皆。お疲れ様でした楽しかったよ???(大笑) 

  • 走行距離 201.2km 
  • 走行時間 6時間46分
  • 走行速度 Ave 29.6km   Max 62.5km
  • ケイデンス  Ave78

10年グランフォンド糸魚川【10月3日】

 ここ数年連続して参加しているグランフォンド糸魚川に今年も参加してきました。このイベントは競技ではなく、自転車を楽しむ???イベントです。楽しむイベントと言いますが、ピーク越えが幾つもあり、楽しいとは言い切れません・・・ まさに修行(笑) でもエイド振舞われる数々の食材とスタッフの笑顔にかないません!これに尽きますね。

2010年GFIその1

 早朝5時半妙高PAにチームの仲間と待ち合わせ。定刻には十分な時間で到着。すでに何人か集まっている。定刻を過ぎたところで参加者をチェックするとチームメイトでもあり同僚のミサ君の姿が無い!!他の皆さんに先行してもらう事とし、彼に電話をしてみるとどうも妙高PAを通り過ぎてしまったとの事。高速道路上で合流すべく僕も出発するが、気になって連絡を取ってみると彼の勘違い・・・ ようやく妙高PAに着いたようだ・・・ 結果新井PAで合流し先行した皆を追う。なんだか朝からバタバタしている。

 能生ICを降り、当日受付場所である弁天浜駐車場へ向かうが、すでに駐車場待ちのエントラントで渋滞中。ものすごい車の台数である。なんとか駐車スペースを確保し受付するが、今年は大台の1100人程の参加人数との事!!数年前は300人とか400人だったのにね~ すごい人気です。スタッフの方達も大変だろうなと思いながら準備をする。

 スタートは相変わらずの8時なんだが、ものすごい人数なんで先頭からラストの参加者まで入れれば軽くスタートするのに1時間以上はかかるのでは?? といううちのチームもメンバーおよびその友人や知人で30人弱の大所帯です! スタートし国道上を走る橋を渡ったあとサイクリングロード横のスペースで皆を待ってスタート。う~ん圧巻かも!!

 海岸線は何時ものように大きな集団で移動。今年はランチュ+M’s快速列車に乗り名立まで移動。この後は軽い登りになるので少しずつ足の合う人同士で幾つかのパックに分かれる。エースが途中先行したのでそれに反応し、H田さんと僕はエースを追う。若干の登りなのだがエース&H田ペアは速い。(H田さんはMTBなんだけど・・・・)なんとか母袋峠登りまでついて行きあとは自分のペースで!! この後エイド1で小休止し次にくるこえど越えに備える。ここでは毎年悪魔おじさんとのハイタッチが楽しみになっている。こえど越えは約7kmの登りであるが、ピークについても悪魔おじさんの姿は無かった・・・いったいどうしたのだろう?? この後大分後で悪魔おじさんとは会うのだけど、どうも朝の地震の影響で召集がかかっていたとの事。来年は是非またこえどのピーク前で励まして欲しい。

2010年GFIその2

 朝飯はしっかり取ってきたはずなのに腹が減りまくりである。エイド2では温かい味噌汁に新米のにぎりめしを頂き腹もふくれる。もちろん笹寿司に笹団子、バナナなんかもしっかり頂いている。おかげでこの後の登りがすごく辛い(泣) エイド2からエイド3の途中では、例のカレーエイドがある。でも僕は今回は時間も押していたのでパス。本当はゆっくりカレーを頂きたかったのだが・・・

 部長、竜くんと3人で先行する。ここから次の登りまでそこそこのアップダウンが続く。こういう箇所は結構好きなので部長、竜くんを牽き先を急ぐ。エイド3までは登りは竜くん、下りは部長、平地は僕と3人で役割分担をし各々が牽く。結構良い感じのパックだ。ただ、途中から部長が膝痛がひどくなりエイド3で脱落。エイド3到着後も脚きり時間まで20分程しかなく、ちょっと休憩し15%の登坂に向けて進む。15%の登坂はさすがにキツイ。途中両足を攣りそうになりながらもみな男さんの檄に助けられピークまで行けた。昨年のほうがもうちょっと登れたか!?

 ピークを過ぎればエイド4までは下り。(途中もちろん平地はあるが・・・)昨年ここで携帯工具一式を谷に奉納してきた。今年はあまりバンピーな部分は飛ばさず下る。おかげで工具は無事(笑)先行する仲間はガンガン飛ばしていって消えてしまった。ここはランチュ、竜くんと慎重に行く。エイド4ではショートカットした仲間とも合流し、コーヒーとコロッケ(なんだかヘンな組み合わせであるが、エイド4ならこれでしょう!?)で腹を満たし最後の海岸線の平地に向かう。あいにくの向かい風の中をチームメイト6名と飛び入りの人1名の7名で回す。途中飛び入りの人脱落。僕も脱落しそうになるが、前半は35~36kmのペースでR8の前半を牽かせてもらう。その後はもうず~っと後ろ(泣)皆疲れてるのに何故かペースが落ちない・・・ エース曰く「この人たちみんな可笑しい!!」との声が!僕も同感である(大笑)でもなんだか楽しい。ランニングハイみたいなものか??? 今年も最後までパックから切れることなく帰ってこれた。ゴールした時間は昨年より1時間強遅かったのだけど、実走時間はちょっと多いくらいでほぼ同じ。やはり1100人からのスタートでのロスは大きいようだ。楽しかったな糸魚川。

 皆は余韻に浸っていたのだろうが、僕は夕方から地区の会合に出席予定。ジャージを着替える暇もなくバイクを車に載せそそくさと長野へ引き返した。なんだか慌ただしい1日だったが来年もまた出れたら良いなと感じてます。ご一緒された方お疲れ様でした。またスタッフの方々!今年もお世話になりました。超人気イベントになったグランフォンド糸魚川ですが、年々運営が良くなっている気もします。エントラントが多くなってしまい大変かと思いますが、また来年も期待しちゃいます!!ありがとうございました。

  • 走行距離 120.7km 
  • 走行時間 5時間31分
  • 走行速度 Ave 21.9km   Max 67.6km
  • ケイデンス  Ave72

朝練【10月2日】

 一週間空けただけなのに随分行かなかった感じである。今日は明日のグランフォンド糸魚川もある事から、軽く足回しのみとする。一週間乗らなかっただけなのに身体の切れが悪い・・・ しかも結構寒くなったと実感する。長袖ジャージと下は通常のレーパンスタイル。でもニーウォーマーくらいは欲しい感じになってきましたね。

 今日は7人!2つのパックで戸倉まで。 復路でシホさんと久しぶりにすれ違う。おぎのや雑談終了後単独で走っていたら木っ端のOさんとすれ違う。あまりに久しぶりなんで、お互いちょっと止まって軽く会話を交わす。 明日はあまり天気に恵まれそうにない。なんとかもって欲しいと感じます。

  • 走行距離 59.5km 
  • 走行時間 2時間13分
  • 走行速度 Ave 26.8km   Max 49.3km
  • ケイデンス  Ave84