今年もやりました“Giro di UMI Over200km”【9月18日】

 先週決行予定だった“Giro di UMI Over200km”通称ジロウミ。今週も新潟方面の天候が怪しい状態でしたが、前日の夜の予報では降水確率50%となんとか行けそうな感じ。部長が急用で行けなくなりましたが、当初参加表明していたメンバーは全員参加。全部で8名です。

 早朝自宅を4時15分にスタートする。ちょっと前のあの暑さはいったい何処へ!?といえるほど朝は肌寒く感じます。通常のサイクルジャージだけでは寒いので集合場所の小布施ハイウエーオアシスまでウインドブレーカーを着て走る。出発時間は5時なのですが、いささか早く着き過ぎてしまった・・・ 暫くぼ~っと待っているとザキ君登場。その後U.rexさんとランチュ、Uスケ君とカズオさんと集まってくる。今回は僕の友人であるヨッシーさんも参加してくれる予定。暫く待つが彼とU子rexが来ない・・・ すると電話が!! どうも違う場所でヨッシーさんと待っていたようである。5時だとまだ暗いのでわからなかったか・・・ 定刻をちょっと過ぎてスタート。R117を僕が途中まで牽く。暫く一本道となったところでランチュに先頭を任せる。先頭の3名(ランチュ、ザキ君、U.rexさん)の牽きは抜群である。途中小休止をはさみ進む。その後用事があると言っていたカズオさんが離脱。(今度は最後までご一緒しましょう!) 結構なペースを維持したまま快適に道の駅信越さかえに到着。昨年はみな男さんの鬼牽きでここまで来たが、今年はそれより早い時間でな~んと6時台に到着してしまった・・・(速過ぎる・・・)

2010年ジロウミ1

 道の駅信越さかえで15分程休憩後再びR117で十日町を目指す。ここもランチュが先頭を牽き頑張る。分岐で僕が前に出て暫く牽くが順調である。ただ、ロードの集団走行に慣れていないヨッシーさんは密集するのが恐いようでとうしても距離を取ってしまうようだ。ここはUスケ君がしっかりカバーしてくれていた(ありがとう!!)それにしても結構なハイペースにもかかわらずU子rexは遅れず男性陣にきちんと付いてくる。恐れ入りました! この後県道49号線へ入り、R252へスイッチする。ここから若干の登りになるので、いける人はガンガン行ってもらう。道の駅せんだで小休止。

 道の駅せんだからは登りが続くと思っていたが、トンネルまでのわずかな登りで終わり。(皆さん嘘つきました)ここからは柏崎まで快適なルート。ザキ君が良いペースで牽きます。で、あっと言う間(笑)に柏崎のR8交差点に到着。去年もここで大休止。到着はな~んと9時台。R8は昨年のような台風みたいな風もなく(若干の向かい風)僕が頑張って牽かせてもらいました。でも途中からもう駄目信号を出していたので、U.rexさんとザキ君に代わってもらう。NewBikeも乗り手が代わらなければ変化なしですね(泣)

2010年ジロウミ2

 鯨波で何時もの記念撮影。今日の天候は曇りで予想していた雨はなさそう。走るには気持ちが良い。この後柿崎で県道30号線にスイッチし、海はさようなら!!よしかわ杜氏の郷でお昼休憩。丁度いい具合にテーブルもあるのでコンビニ弁当を食しながら雑談会。僕は最初胃もたれでこの前の渋峠のように食が細ってしまっていたのですが、無理やり詰め込んでみた、逆にこれが良かったのかも。 長い休憩を取ってしまったものだからなかなか身体が動かない。でも大丈夫と思っていた雨もポツポツあたり始めた。先を急ごう!!

 県道30号を引き続き走るが、雨も追いついてくる。新井手前でなんとか振り切りずぶ濡れは回避された。この後今回の難所富倉峠越えが控えている。登る前に一休み。ここで再びコンビニ休憩を挟みスタート。(ザキ君はここでもカレーを食べていた!さすがだ) この後富倉峠は各々のペースで走りきり何時の最終コンビニ(僕等はエイドステーションと呼んでいる)で休憩し、ラストの小布施ハイウエーオアシスまで。

 ゴール後疲労困憊なはずの仲間なのだが、対象的に完走の達成感を感じている笑顔が印象的でした。今回はトラブルもなく結構良いペースで走れたと感じます。これも進んで前を牽いてくれたメンバーのおかげです、僕1人じゃこの距離はやっぱ無理ですね。参加されたメンバーの皆さんお疲れ様でした。また、今回変態(笑)と思えるルートに参加してくれたヨッシーさん!これにめげず次回も参加待ってます。 みなさんお疲れ!!!

  • 走行距離 230.9km (小布施往復だと217km)
  • 走行時間 8時間10分
  • 走行速度 Ave 28.3km   Max 62.8km
  • ケイデンス  Ave82