平山郁夫展へ【8月4日】

 お盆前の忙しい時期でもあるのですが、例年とおり盆休みはほとんど仕事の為「盆休みの代休を8月度中に1日は取ってね!」との上司の話から代休前どりです。

小海町高原美術館

よって今日は家内とお出かけ。僕は長期連休(ゴールデンウイークや年末年始も・・)は仕事の関係上連休は取れません。何時も自転車ばかり乗っているヤバイ旦那である事は自覚してますので、時間が空いたときは家内孝行も必要です。 本日は当初近くで!と考え、信濃町に以前ACEが話していた焼きとうもろこしを食べに行って、その後戸隠から鬼無里、小川と走り、“こくや”で冷やしくるみうどんでも食って帰ってくる予定でした(って思いっきり手抜きジャン 爆) しか~し、家内はそんなこと許してくれません(笑)

 家内曰く。「そういえばTVでコウミ??とか言うところで平山郁夫展やってるって!場所知ってる!?」との事。(家内は美術館めぐりが好きである !どうもここに行きたいようである) コウミ???あっ!!小海町の事か!僕も以前平山画伯の絵をみて感動したことがある。一見の価値有ということで出発。 現在小海町高原美術館で、“平山郁夫展 シルクロードへの思い”という企画で9月5日まで展示が行われている。 平山画伯の強いシルクロードへの思いの足元にも及ばないが、僕も高校生くらいの時シルクロードへの憧れから「何時かシルクロードをオートバイで旅してやる!」と思っていた時期があった。(現在平凡なサラリーマンであり、夢に終わっているが・・) 展示規模は46点とまずまずですが、平山画伯の思いを感じ取ることが出来ると思います。興味がある方は行ってみては。

 美術館見学後の今日のお昼は、以前麦草峠開通式後アルファロメオのツーリングで行った“おいしい学校”である。アルファのツーリング時はイタリア繋がり?でイタリアンレストランぼのボ~ノでの昼食であったが、今日は古宮で“おいしい学校の給食”を食べてみる。なんでも食器類は昭和40年代後半頃に給食で使用していた食器を使って出してくれるとの事。家内はカレーセット、僕はコッペパンセットを頼んだが、コッペパンが売り切れでライスになってしまったが、なんだか懐かしい雰囲気と素朴な味にまず満足。

おいしい学校給食

 この後八ヶ岳アウトレットに寄ってちょっとお買い物。その後岡谷ICから高速一気飛びで帰宅。当初近所で!な~んて思っていたのに結構な距離を走りましたね。自宅に帰ると猛暑のせいか室内温度がえらいことに!それでも愛猫のチャーリーはじっと耐えて僕等の帰りを待っていてくれたのでした。ごめんよチャーリー。(勿論換気はきちんととってますよ)