惨敗・・・【5月16日】

2010年しらびそHC大会

 実業団大会であるしらびそ高原ヒルクライム大会に行ってきました。今回のうちのメンバーは6名。昨年の大雨大会と変わりすがすがしい天気です。

 5時に現地入りし準備開始。昨年は駐車場がスタート地点よりすごく遠かったのですが、今年はまずまず。ローラーをセットしアップ開始。良い感じでアップも出来ました。でもちょっと気になるのは昨日の練習。まぁ、大丈夫でしょう。という事でスタート地点に並び、9時にBR-1スタート。その後3分遅れでERスタート!序盤は相変わらずの登りですが、な~んとなく調子は悪くもなく良くもなく・・・ 

 下栗の里までは辛く感じるも、な~んとなく走ってきてしまった・・・ 途中一瞬現れる中程度の斜面ではなんだかニンマリする余裕も。でも、この後現れる波状攻撃のような登りで、身体も精神も打ちのめされる。登っても登っても現れる激坂・・・ 「さっきここと似たようなところ通ったぞ!」と思えるほど代わり映えのない景色。確かに南アルプスが見えたりで最高なんでしょうが、競技をしている人間にとってそんな余裕はないはず・・・ 今の僕ではダンシングしてもよろよろの登り方・・・機材云々の問題じゃない。 何度降りてしまおうかと思ったことか・・・ おまけに「実業団選手止めようかな・・・自転車も止めちゃおうかな・・・」なんて事も考え出す始末。

 なんとか乗り切った激坂、その後現れる平坦な区間。 昨年は他の選手とトレインを組み、ガシガシ踏んで行けたはず。しかも距離はそんなに感じなかった。でも今年は他の選手の後ろに入るもついていけない・・・ 僕の後ろに入った人もすぐに抜いてゆく始末・・・ そしてゴール前の300mくらいの激坂。観戦者が檄を飛ばしてくれる中、足を攣りそうな激痛に耐えながらゴール。昨年より9分も遅い・・・ 多少頑張って体力が回復したと思ったけどな・・・まだ復帰には早いのか?結果惨敗です!

 今年は修行の場と銘打って走っているのですが、現時点で本人が思うほど回復しきっていない気もします。周囲からはだいぶ戻ったね!と言われるのですが・・・ 修行の道はまだまだ険しそうです。