09群馬CSCグランプリ【4月25日】

 実業団選手登録して初のレース“群馬CSCグランプリ”に行ってきました。当日は深夜1時半に起床。自宅を2時半過ぎに出発し、チームメイトと上信越自動車道の松代SAで合流し、群馬CSCがある月夜野ICめざして高速を走ります。高速代金って土日1000円になってくれたおかげで、遠征費が安く済んでちょっと助かったりしてます(笑)

 月夜野ICを出て群馬CSCに到着。受付を行い準備を始めると、さっきまでわずかしか降っていなかった雨もなんだか強くなってきた感じ・・・ おまけにコース周辺は結構な霧が発生しており試走も駄目みたい・・・ しかも寒くて居られない状況(泣) 先週の草津は暖かく嘘のようなピーカンだったのでそのツケがまわったか(笑) コミニュケボードにも何も書いてないし・・・ どうも監督会議が行われるようです。(ひょっとしたら中止???)

09年群馬CSCグランプリ1

霧の発生で試走も中止・・・ ご覧のありさまです

 監督会議から戻ったJunsさんエースさんの話を聞くと、霧の影響及び雨の影響から当初6km×5周であったロードレース方式から、ヘアピンカーブ周辺スタート(ヘアピンカーブの辺はこのコースの一番のボトムと思われ、ここからスタートだとアップ基調になる)による約3kmのTT(タイムトライアル)に変更との事!!ロードレース初参戦の私はもちろんTTなんってやった事無いぞ・・・・ ようは最初から最後までもがき倒せって事!?(爆)

 コースの試走も危険であることからさせてもらえず、試走できるからと思ってアップ用にローラーももってない・・・ 群馬CSCを初めて走る私はいきなり未知のコースでTTをやるはめになった次第です(笑) 準備を行い出走サインをし、スタート地点のヘアピンカーブへK坂君と向う。 今年から実業団登録した“瞬間移動”メンバーはJunsさんエースさんK坂君と私の4名はERクラス。しほさんにN崎さんはFRクラスに参戦。いきなりのTTレースにちょっとっと戸惑い気味。

 レースは30秒間隔で1人ずつスタート。私の前にK坂君がスタートする。いよいよ自分の番。スタート時スタッフが自転車を支えてくれるので、両足ペダルに固定した状態でスタートできる。(なんだかカッコいいぞ)5秒前からのカウントダウンでスタート。私の30秒後にはJunsさんが控えている。なんとかまくられないよう頑張らなくちゃ! スタートからもがけ!!との事なので登りもアウターがけで下ハンもちのパワー系ダンシング。途中心拍計に目をやると「えっ!!197??? あれ??204???これってやばいんじゃないの??」というありさま。しかも最速ラインなんて考えてないからただ踏むだけ・・・ 途中からようやくラインどりを考え始めたのだけど後の祭り(笑) ラストの直線でやはりJunsさんにとらえられ抜かれるが、その後もがいて5m差くらいでゴール。 ゴール後口の中は血の味がするし、車に戻ったら軽いブラックアウトなのか動けなくなってしまった。最近HCとかの場合心肺よりも先に足の筋肉の方へ負担が行ってしまい続かない事が多かったのですが、TTの場合、私のエンジンである心臓が先にねをあげてしまったようです・・・ こんな練習してないし、TT自体初めてだったので良い経験になったかな。 ERクラスでの年齢を上から数えた方が早い私なのですが、結果は94・5数人中73位??だったかな。まぁ、こんなもんです。

09年群馬CSC

激走!ゴール直後のN崎さん 後方に見えるのはしほさん お疲れでした!

 私は帰宅してしまいましたが、残りのメンバーは翌日も同じ群馬CSCで行われる東日本サイクルロードレースに出場します。健闘を祈ります!! 次回はこれも実業団レースであるしらびそ高原ヒルクライムに行ってきます。一般参加者とも一緒のレースです。ERクラスだと後から来る一般のエキスパートの人達にまくられるな・・・(泣)