第4回グランフォンド糸魚川【10月5日】

 昨年の屈辱・・・ 時間管理の不徹底さと勘違いから、エイド3で足切タイムにより 完走とならなかった昨年からもう一年が経ちました。ほんと今年は月日が経つのは早いと感じます。今年で開催4回目となるグランフォンド糸魚川へ行って来ました。今年も14人と大人数での参加となります。

08年グランフォンド糸魚川1

 当日の天候は曇り、予報では夕方から雨のようである。この時期の降雨は辛い・・・ ここはなんとか雨にやられる前にゴールに戻って来たいところである。しかもウォーマー類を持って行こうか微妙な気温でもある・・・ 私はウインドブレーカー以外持たずに出る事とする。(大丈夫か??)

08年クランフォンド糸魚川2

7時半より開会式が始まり、8時よりスタート。10人ずつ久比岐自転車歩行者道へ消えてゆく。今年はだいぶ後方へ並んでしまったせいかスタート時間が8時20分頃になってしまった・・・ 後続のチームメイトと編成を組みなおしトレインを組む。ここは集団練習の成果を発揮すべき箇所!!しかし、コースも狭くエントラントも多いためうまくチームメイト同士でトレインが組めない・・・ 間に知らない人入っちゃうと難しい物もありますしね。

08年グランフォンド糸魚川3

 名立よりからの緩い登坂は海岸線と同様にトレインを組み移動。ここで初参加であるOクボ君に激を入れる。なんとか彼を完走させてあげたい、チームメイトのタキノンと「Oクボ君をサポートするぞ~!!」なんて息巻いていたのだが、最初の山岳に入ったとたん勝手に行ってしまった私であった(駄目じゃ~ん爆)

 毎年ここで頑張ってしまい、足がつりそうになる母袋峠越え。平均斜度7.5%を4㎞程登りそこを下るとエイド1が出現する。ここまでは今回なんの問題もなく絶好調である。当初Oシマさんとは昨年の失態もある事から、エイド1でほとんど休まずチェックのみの予定であったが、私がトイレや補給に手間取ってしまい余計な時間を費やしてしまった・・・(スンマセンです)

08年グランフォンド糸魚川5 

 エイド1からエイド2まではグリーンメッセ能生から今回初めて通る迂回路を走り、この大会で最高地点であるこえど越えに突入。ここは平均6%登板であるがな~んと7㎞程続く。先が見えなく登らされるので結構メンタル的に堪えます(泣) でもここには有名な!?悪魔オジサンが居るから頑張らなくては。(笑) 何時もあのラッパの音と悪魔オジサンには励まされているんですね。今回は思い切って止まって一緒に画像に納まってもらいました。この時点で先行するJunsさん、エースさん、K坂君の姿は見えません。(ピークの上では待っていてくれましたが)

 こえど越えからはエイド2まで結構下りになります。汗の思いっきり吸込んだジャージでは身体が冷えるのですが、一気にダウンヒル。途中トレインを組んで下る我々の前でスタッフの叫ぶ声が!「ハチ!!ハチ!!!」えっ?何の事!?スタッフの前方にはなんとスズメバチ??の大群が!!一気に通過したがK坂君が刺されたようだ・・・・ 刺された側の足を見ると紫色に変色してきている。しかも足に痺れがあるようだ。スズメバチだったらやばいよ。エイド2へ急ぐと我々より先にハチの襲撃に遇っていた人が救急スタッフによる処置を受けているところであった。残念であるがK坂君はここで無念のリタイヤとなってしまった。

08年グランフォンド糸魚川6

 エイド2ではちょっと長めの休息及び、補給を取りスタートする事にする。この大会のエイドすべての補給食は、笹寿司、おむすび、笹団子、いなりずしetcと充実しまくりです。何時も美味しい物を沢山いただき体重が増加していそうで恐いです(笑) エイド2からエイド3まではたいしてキツイ登板はないのでJJさんとお喋りしながら走る。今年は全般的にメンタル及び身体に余裕があり景色を楽しんだり、お喋りしながらのライドだったりでとても楽しい。

 途中なにやらエイドの文字が!?「こんなところにエイドがあったっけ??」どうも栄村のように私設エイドのようです。しかもカレーのそそられる文字が(笑)「ごはんは新米だよ!」の一言に心が揺れましたが、エイド2で沢山頂いてしまったのでここで食べちゃうときつくなります・・・・ JJさんとそんな事を話していると、なんと先行しているはずのJunsさんとエースさんがカレーを食べながら呼んでいます。でもやっぱ駄目!(笑)JJさんと先を急ぐ事にします。エイド3で笹寿司食べるからいいモンね(大笑)

08年グランフォンド糸魚川4

 12時40分エイド3到着。昨年はここに13時30分に到着していたのですが、うだうだしていたらな~んと14時02分!!足切時間が14時だったのでエイド4へエスケープを余儀なくされてしまいました。今年は余裕ですね~ 笹寿司を食し売り切れ寸前(笑)の足を休ませ、今大会最大傾斜15%の登坂に備える。昨年足切にあった私はここからの登坂は未体験ゾーンです。 川沿いの道をグイグイ進み橋を越えると15%の激坂出現!!ここから1.5km程続きます。もうシッティングでは無理(大泣)ダンシング9割、シッティング1割でなんとか登りきる。岡ノ倉谷頂上までヘロヘロになりながら到着。ラストのパフィーの看板に救われた気もします(笑)

 ここからは長いダウンヒルになり本日最後のエイド4へ。ここではJunsさん達とコーヒーを飲みながら大休止、あとは平地のみだしね。今年のびっくりはエイド4でなんと揚げたてのコロッケがあった事!!すっかりアツアツを頂いちゃいました。食ってばかりだねほんと。

 エイド4を後にし、JJさんトレインに乗りR8を巡航中Junsさんトレインに抜かれる。どうも50km弱の巡航スピードのようである。そんな超特急に乗れません(笑) ラスト20km弱の海岸線は向かい風のおかげでペースが上らない。途中他のチームの方が「一緒にローテーションしないか?」と声をかけてきてくれたので便乗したが、彼等のほうが若干巡航速度が速いので前に出て引く事が出来なかった・・・ よって、ず~っとゴールであるマリンドリーム能生まで引いてもらっちゃいました(感謝です) 到着し帰りの準備を終えフラフラしていると雨が降り出しました。私は助かったけど、後続のチームメイトはやられたようです。

 今回参加した全員が足切もなく120km完走との事(K坂君は事故だからしょうがないよね) 私は今回で3回参加させて頂いてますが、回数を重ねるごとに不具合が改善され、どんどん良い大会になってきていると感じます。また沿線で応援してくださる方や、スタッフの皆さんには毎々感謝しております。今年は自分にも余裕があったので昨年の倍以上に楽しめた気もします。 来年は新潟国体により9月に実施される予定との事ですが、今年同様抽選もれしなかったら来年も是非参加したいですね。楽しかったなグランフォンド糸魚川!それと感動をありがとう。

  • 走行距離 120.82km 
  • 走行時間 5時間38分(休憩含まず)
  • 走行速度 Ave 21.4km   Max 59.6km
  • ケイデンス  Ave68