笠岳HC【8月22日】

 盆休み全然自転車に乗れてなかったのに、来週31日はいよいよマウンテンサイクリングin乗鞍を迎えることになります・・・ 明日土曜も出勤してくれとの話もあり、交換条件で(笑)本日お休みをもらいヒルクライムトレーニングに行って来ました。 といってもアタックをかけるわけではなく山岳LSDです。乗鞍前なのでそれなりの距離と斜度を考慮し、以前からチャレンジしてみようと思っていた山田牧場から笠岳登山口へ続くルートに行って見る事に。 8時半自宅をスタート。須坂からはすでにHCが始まっているので、軽く足慣らしをしながら高山へ到着。ここから山田牧場までず~っと登りです(笑)しかもその先笠岳登山道入口までは九十九折れの登り・・・ 足がもつのか心配。

08年笠岳HC1

 山田温泉までは自宅から1時間程で到着。以前MTBのスペシャ号でよく来ていましたが、最近この登りはとんとやってません。でもあの頃に比べたら随分楽に登れるようになりました。温泉旅館の風景館をすぎたあたりから登りも変化。ここからは10%程度の坂が続いたり、ちょっと楽になったりで淡々と登ります。五色温泉を過ぎたあたりから山田牧場方面へ!ここが結構きついかも・・・ で、3キロ程登って山田牧場到着。目の前には笠岳へ続く九十九折れの道が立ちふさがってます(笑)「いやぁ~・・ あんなところまで登るんかい!?」 

 08年笠岳HC3

 途中牧場なだけに牛も多数くつろいでいる現場に遭遇。でも今日は自宅から峠頂上までノンストップの予定。売り切れそうな足にカツを入れながら頑張って登ります。途中この前購入したジェルフラスクからパワージェル補給。水でちょっと希釈し入れておきましたので飲みやすい。これやっぱ買ってよかったね! ラスト、熊笹に覆われたルートを走りちょっとガスりかけた笠岳登山道入口着。ここまでなんとかノンストップで到達。時間は2時間32分で距離が33キロでした。ケイデンスは65回転ともうちょっと回したいですが、現時点での私にはちょっと難しいです。

08年笠岳HC

 標高が高いためか汗でびっしょのジャージ姿の私には寒すぎます・・・ しかも腹もへったし、早々に下山。途中登ってきた山田牧場を下部に臨む場所で撮影。無事1時間後自宅に帰りつきましたが、下界は暑い・・・・ ちょっときつかったですが、乗鞍前の良い練習になりました。

  • 走行距離 65.91km
  • 走行時間 3時間34分(休憩時間含まず)
  • 走行速度 Ave 18.4km   Max 64.8km
  • ケイデンス  Ave60 

気晴らし【8月17日】

 乗鞍前と言うのに、毎々お盆休みは仕事と決まってますので、トレーニングにも行けません(笑) 夜とか時間はあるのですがちょっと・・・ ローラーこぐのもイヤだし・・・ とかなんとか言ってるうちに盆休みも最終日を迎えてしまいました(泣) 本日も朝より仕事だったのですが、自転車でと言うところを(と言っても盆休み中は自転車触ってませんが・・)昨年の秋より乗ってないスポーツスターを引っ張り出し、ショートツー(別名ショート通勤!?)してきました。

0817XLH883

 往復19キロ程の道程なんですが、久しぶりに愛車をころがすとこれが気持ちよい!自転車にはない感覚がこりゃまた最高(笑) 良い気晴らしになった気もします。自転車メインで頑張っている今年、この後また乗れる機会がやってくるのかわかりませんけど・・・(愛車がかわいそうか・・・)

 仕事でお世話になっているボード仲間であるヨッチャンともちょっと話したのですが、「俺、最近愛車(ハーレー)眺めながら酒飲むの好きなんですよね」という彼の言葉に、私とは違い忙しくて愛車に乗ってあげられない気持ちがひしひしと伝わってきました。 最後に彼が「これ良い感じですね、大事に乗ってあげて下さいよ」と言われ、ガレージの奥で何時も眠っている愛車にちょっと申し分けない気持ちになりました。 でも今年は自転車!!その信念は曲げんよ(笑)手放すつもりもないですからと、欲張りな私なのでした。

朝練【8月10日】

 土曜にショップに行き、前々から購入をと思っていたパワージェル用のジェルフラスクをGetしてきました。社長に取り寄せてもらおうとお願いに行ったのですが、何故か10個も仕入れてあり、予知能力???と疑ってしまいましたよ(笑) まぁ、これを使うのはたぶん乗鞍の本番だと思いますが走行中にゴミ出ないのと、欲しい分だけ飲めるってのがよさそうです。

ジェルフラスク

 で、久しぶりの朝練参加です。今日は先週の栄村の疲れ?からかM’s donutの面々もお休みのようです。本日のメンバーは瞬間移動のトップランカーであるJunsさんにエースさんK坂君、プラス私・・・(私はCチームですからトップランカーではないです・・) あとシホさんにサヤカさんの野郎4名(笑)と女性2名の6人。

 女性2名はペースを押さえて走るとの事で、いきなり野郎4名(笑)はヒートアップ気味!?スタートしてK坂君が引き始めた時点で35km行ってました! 今回は2列ローティーションも前半行ってみたのですが、結構慣れないと難しいかも・・・ 4人だとちょっと早いローティーションになりそうで結構忙しいですね。 3分の1程走って通常のトレインに戻しましたが、向かい風がキツイ!でもこの面子だと35km巡航維持です!!!私も気張って引いた時は36~37kmまで頑張りましたが(早すぎと怒られました 笑)今年に入っての朝練で一番筋肉使ったのではないかと感じます。流石にラスト3km程でトレインから切れてしまい、最後のスプリントにも参加できませんでした・・・・ 今日は瞬間ジャージのみのトレインだったから、すれ違う人にもかっこよく見えたかな!?なんてちょっと自己陶酔しちゃいました(笑) (でもキレちゃったんだろ?と突っ込まれそうですが・・)

 帰りは軽く足を回しゆっくり帰りましたが、自宅に帰って足がパンパンでした。(いやぁ~キツかった) それにしても3人は強いですね~ 老体に鞭打ってもうちょっと頑張ります。 

  • 走行距離 61.10km 
  • 走行時間 2時間27分
  • 走行速度 Ave 24.8km   Max 42.5km
  • ケイデンス  Ave81 
  • 大人げない!?

     最近体調を崩したり、疲れが取れなかったりで、週末の練習やイベントには行きますが、通勤で自転車にほとんど乗ってませんでした・・・ 栄村の疲れも癒えて来た事だし久しぶりに通勤でライドしてきました。ガソリン代も高いし(笑)健康にも良いしで、自転車通勤する方が随分増えてますね~ ここ数週間乗らなかっただけなのに、通勤ルート上の看板が代わっていたりとちょっと新鮮。

     帰りはこのところ雷雨になってましたが、本日は降りそうもなく軽く足を回しながら帰宅しよう。 しか~し(笑) 渋滞した車道を走っている私の横を、歩道側からマウンテンバイクルック(街乗りマウンテンバイク!?)のお兄ちゃんが、渋滞で走りにくそうな私を見てちょっとせせら笑いしながらす~っと走り抜けていきました。

     「なんだよ~ あのアンちゃん」くらいの感覚だったのですが、次の信号が赤信号で並びかけるとな~んと彼は信号無視でペースアップ!!!その後また次の信号で一緒になるとなんだか私を意識しまくり(笑) べつにマウンテンバイクルックのお兄ちゃんの挑戦を買うわけではありませんが、信号が変わったとたん彼はものすごい勢いでダッシュ!! 25~26km巡航で頭打ちだったようで、横に並んで(彼は歩道、私は車道)「ハイハイ!頑張れ頑張れ 笑」と声をかける。 このまま彼がタレて落ちていくさまを見ていても良かったのですが、大人気なく一気にペースをあげチギッてあげました(あ~っホント大人気ない・・・)

     この話を帰宅後家内に話すと、「ほんと大人げないね~ しょうがない・・・」とあきれられる始末(泣)相手にしないのが大人?なのかもしれませんがね~ でも信号無視は駄目だと私はおもうよ。しかし軽く回して疲れを抜こうと思っていたのに何やってんだ、私(大笑) 

     

    グルっとまるごと栄村100kmサイクリングへ【8月3日】

     昨年出場し、コースの辛さもありますが栄村の方々の暖かさを感じ、また来ようと感じていたこのイベント!“グルっとまるごと栄村100kmサイクリング”へ今年も行ってきました。 今年は新たな仲間を誘い込み(笑)あの灼熱地獄のキツさ・・・ もとい、栄村の方々の暖かさを知ってもらうべく朝練仲間を誘ったり、所属チームの面々に声をかけたりしました。おかげで?沢山の仲間とあの感動や辛さを共有でき、私は大満足です(笑)

     8月3日(日)早朝、チームメイトのタキノンと豊田道の駅で合流し、受付兼スタート地点であるさかえ倶楽部スキー場へと車を走らせる。飯山市内の堤防道路から見える千曲川は、薄いもやがかかっており、生えている木々はまるで浮島のよう!清々しさを感じながら現地入りする。 さかえ倶楽部スキー場へ到着すると、すでにT村さんやチームメイトのJJさんK坂君、朝連仲間のM’s Donutの面々も到着していた。昨年同様T村さん達とご一緒させてもらうべく、愛車を車から降ろし準備を行う。 

     08年栄村110km①

     6時半より開会式が始まり、各自スタート地点に整列する。言っておくが、これはレースじゃありません!山岳コースへの挑戦って言えば大袈裟かもしれませんが、ほんと!サイクリングなんですよ(笑) 完走したからってえらいわけでもなく、楽しんじゃったモン勝ちと言う感じに近いのかな?、でも生半可なコース設定ではないです。昨年はコース設定がやさしかったようですが、今年はきつそうなピークが数箇所あるようです。私が所属するチーム瞬間移動の面々とスタート時間を待ちます。 あと数分でスタートの合図か!?と思った瞬間、私の後部からエア漏れの音が!「誰かパンクしちゃってるよ~ ついてないね・・・」なんて思って振り向くと、自分の愛車の後輪からでした(爆)「えっ!!!マジで!!!(笑)」 チームの仲間に「パンクしちゃったよ~ マジかよ~ まぁ悪い事は後で出るより今出ちゃったほうが良いよね!?車行けばフロアポンプもあるし・・・」なんて半分は自分に言い聞かせながら回りの反応を見ると、私の周りの方々は皆私の話にウンウンとうなずいており、「レースじゃないんだ、まだまだ時間は沢山あるさ、あせらず行こうぜ!」となんだか励ましてくれているように感じた。愛車の後輪チューブを速攻交換し、先行した仲間を追う。自分でもびっくりする早さでのチューブ交換であったが(笑)先行するタキノンを捉えたのはなんとスタートして2~3km付近であった。

    08年栄村110km②

     しかし今日は暑い、まだ8時前だと言うのに路面からの照り返しが結構ある。最初の山越えをこなし、雪坪からCPである北野天満までは2車線の緩い登りが続く。この辺までは序の口である。今日は足も回るしなんだか調子が良い。やっぱスタート前のパンクがつゆはらいになってくれたのか(笑) 北野天満の吊橋はもちろん押して渡る。私はここが結構好きだったりします。

    08年栄村110km③ 

     前半の山場?である五宝木トンネルまで淡々と登る。画像はJJさんとタキノン。K坂君は、な~んと先行して居なくなってしまった(笑)でもCPでは待っていてくれましたが。 五宝木トンネル前にはエイドステーションがあり、ここの湧き水がとても冷たくて生き返る。漬物や果物がもらえ、前半の登りでこたえた身体にしみわたります。それにスタッフの方々や地元の方々がとても良くしてくれ、昨年同様頭があがりません。レースじゃない楽しみを発見ですね。

    08年栄村110km④

     五宝木トンネルを越え快適な下りを走る、画像は愛機LOOK号と眼下広がる小赤沢の集落。この後CPである屋敷では時間制限が設けられており、切明方面へは11時前にチェックを通過しないといけない。でも我々はここを余裕!?でクリアー。この後は切明CPまでの約10kmを無難にこなし、切明CPで小休止しその後の急登にかかる。 昨年はここからちょっと登って小赤沢のCPへ向ったのだが、今年はここからちょっと登った後、上ノ原CPを経て苗場山登山口までのキツイ登りがあった・・・・ ちなみに上ノ原CPもあしきり時間があり11時半以降は小赤沢CPへ直行になる。無論我々は苗場山登山口のルートを通ったわけだが、これがキツイほんと!!ようやくピークを過ぎたと思ったらコンクリート舗装の激下りが待っていた(笑) 登りも辛いが、下りも辛かったね~ぇ 

    08年栄村110km⑤

     小赤沢CPでボトルに冷たい水をたっぷり入れてもらい、昼食ポイントである五宝木トンネルを目指す。(この時点で約70km走破) 昨年同様途中に地元の方が設置している自発的なエイドステーション(主催者からの指示ではないようです)で冷たいスイカをいただき、またもや地元の方々の暖かさを知る。この後の五宝木トンネルまでの登坂も頑張らなくちゃね!

    長い登板の後にやってくる五宝木トンネル内部(といっても午前中に逆ルートで走っているが)はひんやりしていて熱のこもった身体には最高である(笑) ここで大きなお結びを頂き先を急ぐ。ただし、途中のエイドにはすべて寄ることにして。(だって、漬物美味しいんだもんね 大笑) 

     最終エイドステーションを兼ねる大久保・菅沢CPでは、冷やしたトマトやふかしたジャガイモをほおばり、疲れきった身体に鞭を打ち青倉CPを目指すが、ついにここであしきり時間をオーバーとなり、ショートカットしてスタート地点であったさかえ倶楽部スキー場へ無事帰り着きました。 途中ホースで霧状の水をかけてもらったり火照った身体をクールダウンしつつも、今年も来て良かったとひしひしと実感しました。 コースはとてもキツイし時期は暑いしで、スタッフも走る側も大変なんですが(笑)私はなんだかこの大会に惹かれます。たぶん来年もこの地を走っているんだろうなと感じます。

     最後に主催していただいたスタッフの皆さん、栄村の皆さん良い思い出をありがとうございました。またあの笑顔を見に来年も来ようと思います。

    08年栄村110km⑥

     

    • 走行距離 111.92km
    • 走行時間 6時間11分(休憩時間含まず)
    • 走行速度 Ave 18.0km   Max 55.9km
    • ケイデンス  Ave58