12th TOUR OF JAPAN 南信州ステージ観戦【5月21日】

 5月21日に飯田市で行われた12th TOUR OF JAPAN 南信州ステージの観戦に行ってきました。 このレースは 全7ステージにわたり、総走行距離879.8kmにもおよぶ国際サイクリングロードレースです。今回観戦に行った南信州ステージは走行距離155.3kmで、4番目のステージにあたり中盤戦になります。参加チームは国内チームが8チーム、海外チームが8チームの計16チームです。 以前からこのレースを見てみたいと考えていた為、家内を家族サービスと騙して連れ出し(笑)スタート時間に間に合わせるべく早朝長野を出発。(開催コースは下記地図の周回コース1周12.2kmを12周します) 

マップ

 パレードコースの土手の上で待っていると、サポートカーを先頭に選手達が集団で通過!やっぱ生は迫力ありますね~

 08年ツアーオブジャパン1

 この後9時頃から周回コースに入り競技開始。家内と私も水神橋を渡り、商店街の前で選手達が2周目に入るまで待つ。1周する時間って結構かかるのかな??と思っていたら20分もかからず回ってきてしまいました・・・ さすがに商店街の込み入った狭いコースでは飛ばしてないのですが、自転車の「シャー」という回転音?のみ残しあっと言う間に行ってしまいました!

08年ツアーオブジャパン2

 どうしても山岳の走りを見たい私は、家内をここでまたもや騙し(笑)、山岳観戦ポイントまで徒歩で数キロ登りました。山岳ポイントでは競技前半であることから大人数でトレインを引く姿に感動!!これがまたカッコ良いのですよ~ ここまでかなりの労力を使い果たした家内も選手に向って「カッコいい~カッコいいよ~」の連発です(笑) メタボっている主人(私)のジヤージ姿は生々しくてヤダらしいですが、アスリート達の姿はすがすがしさが漂ってる!との事です・・・

08年ツアーオブジャパン3

08年ツアーオブジャパン4

08年ツアーオブジャパン5

 ここからちょっと歩いて、山岳ポイントからの下りの迫力が楽しめそうなR256号線の牧ノ内バス停前に移動。サポートカーのタイヤのきしむ音!集団で自転車をバンクさせ、一気に下ってゆく迫力!!やっぱカッコ良い以外に言い表せません。

08年ツアーオブジャパン6

08年ツアーオブジャパン7

 この後徒歩で疲れた身体に鞭を打ち、ゴールするシーンを観戦しようとも思ったのですが、結構歩いてしまったので疲れきってしまい、ゴールシーンは車の中で実況中継されているFM放送で聞いてました・・・ ラスト2~3周で結構面白い動きがあったようですが、もうちっと粘って見ていれば良かったのかな?とも思います。今回の観戦でロードレーサーのカッコ良さに惚れ直した次第です。選手のようにはなれませんが、私も頑張ろう~(笑)